2010/10/07

Sorrento (ソレント)

カプリを満喫した次の日はひたすら海沿いを車で走る。
グラニャーノ、ヴィーコエクエンセ、メータ、ソレント、マッサ ルブレンセ。

大きな地図で見る




海沿いからヴェスビオ火山を望む。この辺りはどこからでもヴェスビオ火山を見る事ができる。ヴェスビオ火山は富士山みたいな感じ?!




彼もヴェスビオを見ながら一休み。




時々見えるびっしりつまった街並はきれい。




途中の街META(メータ)




マッサ ルブレンセあたりからはすごく近くに見えるカプリ島。




この街過ぎた辺りからどんどん田舎に。↓こんな山です。1番カプリ島が近くに見える灯台まで行きたくてひたすら走ります。途中からは車も入れなくなります。




約1時間くらいかけて山道をひたすら歩き(確実にトレッキングになってました。)着いたのが古びた灯台。




Punta della campanella(プンタ デラ カンパネッラ)です。確実に廃墟です。
でもいちを観光ポイントらしくてちゃんと説明の札は立ってます。道もいちを舗装されてました。(結構壊れていたけど。。。)
廃墟好きな私は満足なんだけど普通は見に来ないよな〜〜〜と思っていたら他にもスペイン人の観光客がいました。(オラと挨拶して来たから多分スペイン人)
灯台の近くまで降りてみたけど柵も無いもないし風も強いし、結構危険。




この風景だけみると日本の風景でもありそうな。。。。。。あ。そういえば似た風景あったな。。。




これだこれ!伊東の城ヶ崎海岸。同じに見えてきた。






カプリ島が見えます。こちら側は山というより岩山になってます。多分強い海風を1番受けてるから高い木が育たないんでしょうね。
泳いでは行けないけど確かにかなり近い。

そんな景色に満足し、山道を戻ります。


そしてこの日の目的のソレントへ!




ソレント。名前しか聞いた事ありませんでしたが、整っててきれいな街です。
車の並び方を見て下さい。イタリアとは思えないほどきれいに並んでいます。車の並び方でその街を判断する事ができます。(笑)




海に面してて、夏はもちろんリゾート地。観光客が多いので夜遅くまでお店が開いてます。




さすが観光地。お土産屋さんだらけでした。




どこの路地入ってもお店。でも路地裏もきれい。








木で作られたバイク!




ピノキオが自転車こいでます。






これも木で作られてます。凄く緻密です。この辺では有名な工芸品みたいです。こんな細かい作業がイタリア人にもできるんだ、と驚かされます。(笑)




もちろんお土産屋さんばかりではなくて洋服のお店もたくさん。カプリと同じくお金持ちが多いソレントだけあって、ブランドのお店もたくさんありました。




私が気に入ったおしゃれなお店。食器や雑貨がたくさん置いてあります。




かわいいものがいっぱいなので、近々誕生日を迎える友達にプレゼントを買いました。




崖の両側に建つホテル。その下を道路がはしり、奥は海。
どれをとっても絵になるわ〜ソレント。

今回はイタリアの小さな街を走り抜けて来たけど、小さな街それぞれに特徴があるのが面白いと思う。同じ県の中でここまで違いがでるのはイタリアならでは。

ナポリ県の中ではもちろんナポリが一番大きいので、どうしてもナポリのイメージで考えてしまうけど隣の街に入るといきなり人も違えば街の雰囲気も変わる。

出発地点のグラニャーノやカステランマーレは似たような街。街が汚い、壊れてる所が多い、車の運転に秩序がない。至る所に違法駐車。自己中心的な人が多すぎる。悪い事しか書いてませんが(笑)街はそれぞれ雰囲気があって素敵ですよ。

だけどヴィーコエクエンセ辺りから徐々に雰囲気が変わり始める。セイアーノに入った時にはすでに違う土地に来たのかと思うほど街がきれいで運転も怖い思いをする事がなくなる。運転の仕方で人がわかるもんね。

遠く離れた街なら分かるけど、隣合わせてる街でこのように住んでる人の人格が変わるのか凄く不思議に思う。イタリアの人って自分の産まれた土地に対して誇りに思う人が多い。だからこそ自分の土地から出た事の無い人もいまだにいる。そうやって考えると、その街の考え方、環境が代々受け継がれてその街独自の進化を遂げるのかな、と思う。

でもファッションの感性は田舎でも都会でも日本ほどの差がないんです。むしろファッションの工場は田舎が多かったりするし。さすがファッションの国イタリア!締め!


人気ブログランキングへ←人気ブログランキング参加中。応援お願いします。

2 件のコメント:

金髪のオッサン さんのコメント...

何か凄く楽しそうですな。。
お仕事と言うよりも観光してる感じ??
写真が沢山あるからイメージしやすくて良いね♪
イタリアに行きたくなっきたw
女性も風景も魅力的やわぁー。。

Izumi HAYASHI さんのコメント...

金髪のオッサンさんコメントありがとう。

お仕事ではなく南イタリアは遅めのヴァカンスで行ったので確実に観光化しておりますw

見てくれた人がイタリアに行きたくなるようにたくさん写真を載せてま〜す。
だからぜひ魅力的な風景とセクシーなイタリアの女性を探しに来て下さいね!